胡座をかく

21 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は再び床の上で胡座あぐらをかき、写真を一枚一枚見ていった。 ...
  • 胡座あぐらをかくルフィオの足の間にタビがやって来てくるんと丸まった。 ...
  • 「何んの用だ」 緑川は伊三次の横に胡座あぐらをかくと、横柄な態度で訊いた。 ...
  • 棺の手前、こちらに向かって胡座あぐらをかき、眠ったように目を閉じているのは源隻だ。 ...
  • 畳の上で胡座をかくと、友彦たちにも、座れよ、というように目で合図した。 ...
  • 一つを環樹にわたしながら、草の上に大きな胡座あぐらをかく。 ...
  • もう動きたくないというように、男は、そこに胡座あぐらをかき、空海を見あげて微笑していた。
  • 俺はその場に胡座あぐらをかくと、頭に手をやり、掻きむしった。 ...
  • 僕は畳の上に胡座あぐらをかくと、全く途方に暮れてしまった。 ...
  • また『胡座をかく』という言葉は、呑気に構えて何の努力もしないことの喩えとしても用いられる。 ...
  • 胡座をかき、奥の壁に背をあてて、酒を飲んでいた。 ...
  • 畳の上に胡座あぐらをかき、皆、思いおもいに酒を飲み、テーブルの上の料理に手を伸ばしている。 ...
  • 部屋へ戻ると、ゆきが卓袱台の前に胡座をかき、柿の種をポリポリやっていた。 ...
  • 酷い時にはトイレの前に胡座あぐらをかきながら毛布にくるまって夜を明かすことさえある。 ...
  • 俊彦が後ろに腰を落として胡座をかく姿勢を取ったので、美佐子は俊彦の膝にのしかかっていった。 ...
  • 胡座あぐらをかき、円座に尻を乗せて、瑠璃るりの盃に満たした酒を、口に運んでいる。 ...
  • 笠井君は自室の寝台の上で胡座あぐらをかき、壁に立てかけた天使の絵をながめていた。 ...
  • 次へ