胆をつぶす

29 の例文 (0.00 秒)
  • ぼくたちは知らなかったが、近くにいた人々はきもをつぶしたそうな。 ...
  • おまけに、車の物すごいスピードにすっかりきもをつぶしてしまっていた。 ...
  • こっちは犬のことは無経験だから、溺れはしないかと胆をつぶした。 ...
  • 洞窟の入口からつづいている狭い岩棚に出たとき、私はふと目の前の風景を見て胆をつぶした。 ...
  • これにさらに二百数十人の一行が乗り込んで来るというのでアメリカ側ではきもをつぶした。 ...
  • 彼はきもをつぶして、ふるえながらつまだっていた足のかかとヽヽヽをおろした。 ...
  • あまり思いもかけない風景に、さすがの猛兵曹長もきもをつぶしたようです。 ...
  • 御者は死ぬ程胆をつぶし、まるで山が頭上に崩れかけでもしたかの如くに飛び上った。 ...
  • 座にいた遊女たちはむろん、甚内までがきもをつぶしてそっちへ駈けつけた。 ...
  • 胆をつぶしたアザール族は、身動きもできないほど茫然として立っていた。 ...
  • 男は胆をつぶして、しばらくは泥棒のまえで身動きもできないくらいでした。 ...
  • わずか半時間のうちにひどく荒らしてしまったので、わたしは胆をつぶしました。 ...
  • 彼はきもをつぶして震えながら立ち止まり、爪立つまだっていた足のかかとをおろした。 ...
  • おれのところへ寄ってこようとするから、おれは胆をつぶした。
  • 函館の停車場に着くと彼はもうその建物の宏大もないのにきもをつぶしてしまった。 ...
  • 信乃に軽くつかまれている手くびからの激痛に胆をつぶしたのである。
  • 火は唇の端にまで達するから、初めて見る人は大抵たいてい胆をつぶす。 ...
  • 次へ