育てる漁業

5 の用例 (0.00 秒)
  • 最近ではとる漁業から育てる漁業への転換を図っている。
  • 生物資源の枯渇の問題や安定供給上の要請から、放流、養殖が盛んに行われており、放流魚の生態研究、養殖される魚種の開発などには、日本の場合、各自治体や大学などの研究機関も積極的に関与し、「とる漁業」から「育てる漁業」への転換をはかる努力が続けられている。
  • またニシン漁が途絶えてからも漁業はなお盛んで、現在の漁獲物の中心はイカ・エビ・カレイ・タラ・サケなど、また育てる漁業への転換が図られる中で、ヒラメ・サクラマスなどの高級魚の生産も増加している。
  • このように漁業資源をめぐる国際競争は激化し、今日の日本の漁業は国際化の波にもさらされる一方で、近年は、そうした「とる漁業」から、採卵、人工孵化、放流などによる「育てる漁業」への転換をはかる努力が続けられている。
  • 昭和40年代になると、阿児町当局により漁場の造成、稚魚の放流、漁獲の管理の3つからなる「育てる漁業」が推進されるようになった。