育てる決心

8 の用例 (0.00 秒)
  • 婚約者の忘れ形見として、ひとりで子供を育てる決心をしたのだった。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • 公荘が体面を気にしていると気づいた允子は、一人で産んで育てる決心をする。
  • 乱馬が幼少の頃、乱馬を格闘家にするために男手一つで乱馬を育てる決心をする。
  • 彼女は独立して、子供を育てる決心がついた。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • そんなこともあってか、八重は、迷った末に、赤ん坊を自分で育てる決心をした。 今邑彩『蛇神』より引用
  • でも、父親は、もうそうなると、一人もどこへもやらないとがんばって、育てる決心をしたようです。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • こずえはいっさい高田の世話にならずに奈津子を育てる決心で、認知もうけていない。 阿部牧郎『オフィス街のエロス』より引用
  • 静子は巡子をわが子として育てる決心をする。