育てる場合

18 の用例 (0.00 秒)
  • 多細胞生物を個体単位で育てる場合は飼育や栽培として区別される。
  • 母乳だけで育てる場合、乳児の栄養は完全に母乳に依存することになる。
  • 母乳のみで育てる場合、平均して一日に6 - 14回の授乳が必要である。
  • 桑は木の状態で購入して育てる場合と葉で購入して養蚕に使う場合があり、葉に付いては値段の上下が激しく投機の対象となったという。
  • 基本的には、古武道である一人の師匠が一子相伝すると言うことは珍しく、多くの師範を育てる場合が多かった。
  • 生まれて間もないひよこは体温の低下により死んでしまう事があるので、親鳥が育てる場合を除いては育雛箱で育てるのが一般的である。
  • また、種の他に地下茎でも爆発的に増えるので、苗から育てる場合は1株購入すれば充分である。
  • この影響で種から育てる場合、日本の気候では秋から春初頭にかけて種蒔きをすると発芽はするがそれ以降育たず枯れる事が多い。
  • テラリウムで育てる場合もあるが、水を浅く張った水槽に植木鉢を並べ、根が水に浸かるようにした状態にて栽培することが多い。
  • スクロールは方向キーでスキップする事ができるが、歩数がカウントされないためペットを育てる場合などは注意しなければならない。
  • 少数のひよこを育てる場合は適当な空き箱で代用可能であるが保温用の器具はやはり真夏以外は必須である。
  • 挿し餌で育てる場合もこれに合わせ、なるべく2か月から2か月半までに自ら餌を摂れるようにする。
  • 庭で育てる場合、木陰にエビネを植えるとか、日本庭園の中に野性味を求めて点在させるような育て方と、ロックガーデンとする場合などがある。
  • 鑑賞や愛玩目的で育てる場合は含まない。
  • コンテナで育てる場合は寄せ植えにすると視覚的にも楽しみも増え、トマトとバジルは料理の相性も良いので、一緒に育てると便利である。
  • 熱帯魚の水槽内では、沈水性の水草として育てる場合が多いが、水面に葉を浮かべ、水中に根をぶら下げた浮草の形でも育つ。
  • これらの湖の水質は弱アルカリ性を呈しているため、水槽内でアフリカン・シクリッドを育てる場合、pH 低下を予防する目的で、ろ材にサンゴ砂を混ぜると良いとされる。
  • 植物を育てる場合の「ビバリウム」には「テラリウム」「アクアリウム」など再現環境ごと分けた呼称が使われる。