育てる会

18 の用例 (0.00 秒)
  • ホームには地元団体「心の花を育てる会」による花壇が設けられている。
  • 軽川桜つつみは、20世紀後半に住民による「軽川と桜並木を育てる会」が中心になって植えたものである。
  • これは小説家で大の釣り師でもあった開高健が1975年に「奥只見の魚を育てる会」を立ち上げたのが契機である。
  • またその後「親を大切にする子供を育てる会」を設置し、全国の小中学生から母の詩を募集し、親子の絆を強める運動を推進した。
  • そんな中で、東京の二代目澤村藤十郎が自主公演「関西で歌舞伎を育てる会」を立ち上げる。
  • 既に全国各地で在来魚への影響が問題視されていたこともあって、「育てる会」は奥只見湖の漁業権を保持する魚沼漁業協同組合にブラックバス対策を要望した。
  • アナウンサーとしての活動以外では、財団法人「育てる会」評議員を2010年6月まで務めたほか、映像専門学校の講師、2002年頃からは食品・水関連商品の開発事業にも係わっている。
  • この奥只見湖に惚れ込んだのが小説家で釣り好きとしても知られた開高健であり、当時密漁が問題となっていたイワナの保護に乗り出そうと1975年に「奥只見の魚を育てる会」を結成させた。
  • 後項の「青少年の心を育てる会」が財界人を交えて発足すると、オリジナルミュージカルの製作や首都圏以外での興行も行うようになり、それと並行して稽古場等でストレートプレイの上演も行っている。
  • これに対して「育てる会」と魚沼漁業協同組合の運動もあり新潟県は1999年12月、県内における外来魚のリリース禁止を定めた。
  • 伊万里湾カブトガニの館とは、カブトガニの生態を保護・観察することを目的に地元の住民団体「牧島のカブトガニとホタルを育てる会」が創設、運営している施設である。
  • 漁協や「育てる会」はこの後バス擁護派とシンポジウムなどで意見交換を行ったが、「感情論だけではバス問題は解決しない」として賛同するバスプロやバス釣り愛好家に呼びかけて奥只見湖におけるバスの駆除や密放流防止を共同して行った。
  • その他にシューベルティアーデ・ジャパン代表、丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば総合プロデューサー、甲子園の歴史と文化を守り育てる会副会長などを務めている。
  • フレーベルは1837年にブランケンブルクで「子供の労働意欲を育てる会」を作り、ボールやさいころなど様々な玩具を製作した。
  • 「関西歌舞伎を育てる会」は、1992年「関西歌舞伎を愛する会」と改称して今日に至っている。
  • やがて地域の文化情報発信拠点として活発な企画出版を行うようになり、1989年に地域情報誌『DUET』の発行を開始、1994年に「淡海文化を育てる会」を発足させるとともに「淡海文庫」を創設し、滋賀県の自然や文化、歴史に関する出版物を多数発刊している。
  • さらに2005年7月27日には、同協議会は滋賀県の認証を得、新たにNPO法人「湖東焼を育てる会」として発足した。
  • 前進座を応援し次代を育てる会として、海音寺潮五郎・大佛次郎・井上靖・松本清張・水上勉ら五人の作家が発起人として1968年矢の会を創立、現在に続く。