育てるよう

59 の用例 (0.00 秒)
  • 自分がなれなくとも、一流の人を育てるような家庭を作りたい。 阿刀田高『空想列車(上)』より引用
  • でも、その前に捨てた親を捜しだして、育てるように説得するの。 今野緒雪『スリピッシュ! 04 ひとり歩きの姫君(後編)』より引用
  • さらされ続ける時間の長さこそが役者を育てるように思えます。 つかこうへい『傷つくことだけ上手になって』より引用
  • そのことを知っていたから、父はまるで手生けの花を育てるように、わたしを育てたのだろう。 近藤史恵『散りしかたみに』より引用
  • 自分の実の子供を育てるように厳しくしなければ。 森瑤子『望郷』より引用
  • ひよッ子を育てるような金網の籠に犬は犬、猫は猫と二三匹か四五匹ずつ入れた奴がズーッと奥の方まで並んでいる。 夢野久作『超人鬚野博士』より引用
  • この試験管から命を育てるようなことは何もな! チャペック・カレル『RUR』より引用
  • その少ない人材をわては目利きして育てるようにします。 松本清張『空の城』より引用
  • が、もしエレンが生きていて、わたしとおなじことを感じたとしたら、養子を一人もらって育てるようにできたかも知れない。 ブラウン『天の光はすべて星』より引用
  • 小さな花はもとより私の力で咲いたものではないが、私に大きな種子を育てるように迫っているように思える。 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 ――伝説とその世界』より引用
  • 母が子を育てるように天が人間を慈しむ日という意味で、「七箇の善日」の一つである。
  • 母は、いつわって男の子だといいふらし、育てるようにいいつけた。 オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(下)』より引用
  • 彼のように自分の無意識を育てるようなやり方をする役者って、全体から見たら少ないのかしら。 内田春菊『やられ女の言い分』より引用
  • どうしてあの方が私を選ばれたのか、なぜ、私の子として育てるようにと仰せられたのか、今考えてもさっぱりわからぬ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • この男は、生まれてすぐに両親を亡くし、やがて青年期には姉の子7人を父親がわりに育てるようになった。
  • 一つの区画に向かい合うように建てられ、棟と棟に挟まれた場所に設けられた広場や児童公園が、住民の地域社会を育てるように考えられた。
  • 王はヌールジハーン王子とその母を遠くの宮殿に遠ざけ、決して自らが目にすることなく育てるように命じた。
  • その後は、両親は、この子供は只者ではないと知って、以前にもまして深く愛しみ育てるようになった。 宮元啓一『日本奇僧伝』より引用
  • さまざまの集りでの討論が、そういう人間愛を育てるように。 亀井勝一郎『青春論』より引用
  • いつか言葉が積もって、少年を大きく育てるようにと。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第09巻』より引用
  • 次へ »