肥そ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 都市を用いて平野をこやすならば、確かに成功をもたらすだろう。 ...
  • 庶民の娯楽を利用してある者は私腹を肥そうとし、ある者は権力を手に入れようとする。 ...
  • 苟も靈の糧となつて之を肥すことならば姦淫でも裏切りでも何でもやつつけてやらうと思つてゐた。 ...
  • 音楽家はそれらの人々の私腹を肥すことに努力することによって、辛うじて演奏にありついて来たのである。 ...
  • たとえ、生産原価が高くついたとしても、堺の鉄砲を買って、信長や中間業者の腹を肥すよりましだと彼は考えていたのである。 ...
  • そのほか自分の寺へ帰れば、自分がその役を持って居る間は寺で出来得るだけ賄賂わいろむさぼり、他の僧侶をしいたげて自分の一家をこやすことをつとめて居るのです。 ...
  • 副王にはなんの権力も与えられていないので、自分たちでいい加減な政治をとり、思う存分に私腹を肥すことができるからである。 ...
  • しかも地方の役人に貪欲どんよくな者が多く、農民からとりあげた食糧を横流しして私腹しふくこやすありさまだった。 ...
  • そのほか自分の寺へ帰れば、自分がその役を持っておる間は、寺ででき得るだけ賄賂を貪り、他の僧侶をしいたげて自分の一家をこやすことにつとめておるのです。 ...
  • この当時、フランス軍の将軍の多くは占領地にて諸々のやり方で私腹を肥すのを常道としていたのである。 ...
  • 「年々や桜をこやす花の塵」美しい花が落ちて親木おやきの肥料になるのみならず、邪魔の醜草しこぐさがまた死んで土の肥料になる。 ...
  • 他方、事件の過程で役員が私腹を肥すといった倒産劇にしばしば見受けられる状況も見られなかった。 ...
  • 墓場の鴉の腹を肥す程の物があるなら墓場の近辺の貧民を賑はしてやるが善いぢヤないか。 ...
  • 墓場のからすの腸を肥すほどの物があるなら墓場の近辺の貧民をにぎわしてやるが善いじャないか。 ...
  • 人民を守るべき官吏が人民を苦しめて私腹しふくこやすのである。 ...
  • うざうざいる子供等は、だんだん衰えて来る親達に代って、地主共の食膳を肥すべく育っているようなものである。 ...
  • 民は重税に苦しみ、昨日までの革命の同志は高位高官にのぼったのはよいとしても、驕奢安逸にふけり、中には職権を利用して私腹を肥す者まで出て来た。 ...