肌を切り裂く

7 の用例 (0.00 秒)
  • そう言う桜花おうかの髪を、肌を切り裂くような冬の風が揺らした。 岩田洋季『月の盾』より引用
  • 肌を切り裂くような夜風も、涼風りょうふうのようなものである。 吉野匠『レイン6 大戦勃発 !』より引用
  • 黒い剣の刃は、あと髪ひとすじ程でアドミニストレータの肌を切り裂く、というところで停止していた。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • 話が核心に入ったからでもあるまいが、肌を切り裂くような冷たい風が吹きつけ、レイン達の髪を散り散りに舞わせた。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 突風を起こし、彼女の服を、そしてはだを切りくのだ。 水野良『魔法戦士リウイ 第02巻』より引用
  • そして、街灯よりも高くび上がっては夜道を行く女性におどかり、するどつめで全身のはだを切りくのだ。 古橋秀之/鋼屋ジン『斬魔大聖デモンベイン 軍神強襲』より引用
  • はだを切り裂くかとおもわれるほどの寒風が吹いている夜のことで、彼方かなたの町屋も戸を閉ざし、道行く人もない。 池波正太郎『剣客商売 10 春の嵐』より引用