職を免じられ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 同年11月、井伊直弼のもと安政の大獄に関わったとして職を免じられた。 ...
  • 結果政方は職を免じられたが、九助を含む7人は吟味中に病死する。 ...
  • 結果政方は職を免じられたが、九兵衛は吟味中に病死する。 ...
  • 日食により職を免じられたが、194年には驃騎将軍となった。 ...
  • この時、浅井は職を免じられ不安になり強いて死を念じていた事もありこれに賛同しすぐさま上京し連豪に会いその熱意を以て同志の一人に加えられた。 ...
  • 越訴の結果政方は職を免じられた。 ...
  • 明治2年4月、久保田藩職制改革によって家老職を免じられ、執政となった。 ...
  • 元禄4年3月29日に桐間番となり、11月7日には御次番に転じたが、12月2日に職を免じられた。 ...
  • 藩の借り入れを37年賦にする債務整理を断行し、これにより被害を受けた商人達による工作の結果、弘化元年に清風と共に職を免じられた。 ...
  • 即日、重秀は、勘定奉行職を免じられ、加増によって所有した三千七百石のうち、三千石を召上げられ、逼塞を仰付おおせつけられた。 ...
  • 一揆の結果、郡奉行重謙は職を免じられ蟄居、農民側の友之丞ら庄屋3名は打ち首獄門となった。 ...
  • ハルピン陸軍病院で治療中に連隊長の職を免じられ、自決。 ...
  • 重正の代理として、旧厳原藩の相良正樹が派遣された一方、12月28日、大島は外務省の職を免じられた。 ...
  • 明治4年7月15日、廃藩置県により、斗南藩は斗南県となり、知藩事職を免じられた。 ...
  • 重秀は、しかし、弁明は許されず、役儀に念を入れざる段不束ふつつかなれば永久逼塞ひっそく、という咎めを申し渡されて、勘定奉行職を免じられた。 ...
  • 農民らの窮状を見かねた武田助左衛門が藩主蜂須賀光隆にご法度を破って直訴を敢行し獄死するが、喜右衛門も職を免じられ、見積もり違いと不調法のかどで切腹している。 ...