聞き流す

全て 動詞
249 の用例 (0.00 秒)
  • 眼は半分ほど閉じて、如何にも喰鮫の言葉を聞き流しているというていだ。 西尾維新『真庭語』より引用
  • 明らかな挑発だとわかっていたが、こればかりは聞き流しにできなかった。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード 第01巻』より引用
  • ある者はそれが耳の聞き違いだろうとも思わず聞き流していた。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • とはいえ、わたしはそのときはこういったことはすべて聞き流した。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『初恋』より引用
  • のんびりしてはいるものの、聞き流すにはあまりに威圧感の大きい声だ。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 摩耶の話を聞き流しているように見えたが、実際には深く考えていたようだ。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』より引用
  • それとも根も葉もないことと聞き流していてよろしいのでしょうか? 森村誠一『大都会』より引用
  • 今も門衛のひとりは詩人の話を半分聞き流して、目を門の周囲に向けている。 西東行『鳥は星形の庭におりる』より引用
  • その言葉が事実であろうと、なかろうと、安易に聞き流してはいけない。 ベンダサン『日本人とユダヤ人』より引用
  • じゃあ今から言うことは、意味がわからなければ聞き流してもいい。 初野晴『水の時計』より引用
  • いつも、遠子先輩の話を適当に聞き流しているぼくとは大違いだ。 野村美月『文学少女シリーズ03 “文学少女”と繋がれた愚者』より引用
  • おれは教師の言葉を右から左に聞き流しながら、ぼんやりと世界地図を見ていた。 大野木寛『ラーゼフォン第01巻』より引用
  • だが、自分のことが忙しくて、ほかのことはみな聞き流していたのだった。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『罪と罰』より引用
  • そのおしゃべりが根も葉もない場合なら、聞き流してもいられようがね。 ゲーテ/高橋義孝訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • そんな抗議こうぎの声が聞こえたが、宣言しておいた通りに聞き流した。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ03 琥珀の画廊』より引用
  • 今まで何度かかかってきた電話では、彼女の言うとおりはいはいと聞き流していた。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 知幸は指摘された事実はさりげなく聞き流して、抽象論で逆問して来た。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • ニリスの非難の悲鳴を、姉はその顔のままで聞き流そうとしていた。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • 彼の場合は、言葉の遊びとして聞き流すことにして、実際はどうなのだろうか。 森瑤子『終りの美学』より引用
  • 噂を噂だとして聞き流すことが出来るほどになっております。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 次へ »