聞き流すわけ

12 の用例 (0.00 秒)
  • 相手の言ったことを聞き流すわけにはいかなかった。 井上靖『星と祭上』より引用
  • だから谷も、男の言葉を聞き流すわけにはいかなかった。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • 「出て来なさい」の言葉を自分への声として聞いた以上、ぼくは神の声を聞き流すわけにはいかないのだ。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • どうせ小遣い稼ぎのガセネタだろうと思ったが、聞き流すわけにはいかない。 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • このマスターが客同士の会話に口を挟むのは珍しいのだが、話題が息子のようにも思っていた伊達のことでは、マスターとしても他人ひとごとと聞き流すわけにはいかないのだろう。 今邑彩『双頭の蛇(「蛇神」シリーズ第3巻)』より引用
  • というか、こいつが聞き流すわけないじゃない。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第05巻 呪いのダイヤに愛をこめて』より引用
  • 聞き流すわけにはいかなかった。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • このあまりにも唐突な、それでゐて、やけに真剣な老ハウス・キイパアの言葉を聞き流すわけにはいかなかつた。 岸田国士『緑の星』より引用
  • 船頭たちは無論それを知っているので、この奇怪な男の警告を一概に笑って聞き流すわけにも行かなかったが、そうした恐ろしい魔風を運び出して来るらしい雲の影はどこにも見えないので、かれらはやはり油断していると、男はつづけて叫んだ。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 飄々と聞き流すわけでもなく、反省の色を見せるわけでもなく、ただ、淡々と言葉を紡ぐ。 成田悪悟『FAKE/states night』より引用
  • 生死の境を彷徨い、意識不明のさなかとはいえ、あの冷徹できびしかった父の体験したことを、ただのうわごとと聞き流すわけにいかなかった。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • ヤンとしては、聞き流すわけにいかない。 田中芳樹『銀河英雄伝説 05 風雲篇』より引用