聞き流すこと

50 の用例 (0.01 秒)
  • 召抱えの決定した日に受けた侮蔑ぶべつの言葉は、まだ聞き流すことができた。 南條範夫『駿河城御前試合』より引用
  • 彼の場合は、言葉の遊びとして聞き流すことにして、実際はどうなのだろうか。 森瑤子『終りの美学』より引用
  • 噂を噂だとして聞き流すことが出来るほどになっております。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 人々が云う「石切り大四郎」の名も、殆ど、無関心に聞き流すことができた。 南條範夫『駿河城御前試合』より引用
  • ルーマニアの人々が幸福ならば、今のあなたの言葉を軽く聞き流すことができる。 米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』より引用
  • だが今回のこのせりふはあまりにも意外で、私としても聞き流すことができなかった。 クリスティ/中村妙子訳『牧師館殺人事件』より引用
  • いくら勘平が罵倒しても、他人のこととして平気で聞き流すことができた。 森田草平『四十八人目』より引用
  • 彼はときどきかっとなる癖があるので、わたしはいつも軽く聞き流すことにしていた。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(上)』より引用
  • みんなはじめのうちはバカにしていたのだが、だんだん練習していくうちに聞き流すことができなくなった。 開高健『青い月曜日』より引用
  • それを耳にした者に、聞き流すことを許さない声だ。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 本当は何のことかよく分からなかったのだが、多分冗談なんだろうと思い、聞き流すことにしたのである。 機本伸司『神様のパラドックス』より引用
  • これは簡単に聞き流すことのできない、何かの意味合いを含んだ音だと、直感したの。 小川洋子『薬指の標本』より引用
  • これもまた正論だけど、こちらについては聞き流すことを良しとは出来ない内容だった。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 01 幸せの背景は不幸』より引用
  • そこには聞き流すことのできない異様な迫力がある。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • このような藩王の発言を、何気なく聞き流すことは、ジュスランにはできない。 田中芳樹『タイタニア1 疾風篇』より引用
  • いつもの私なら、ぎぬだと反論したかもしれないが、今回は聞き流すことができた。 板東眞砂子『蟲』より引用
  • という徹の問いには、聞き流すことのできない何かがあった。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 多鶴子のいうことはどこかあやふやだが、由良はそんなものかと聞き流すことにした。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • だが、私は、その話をスムースに聞き流すことができなかった。 井田真木子『プロレス少女伝説』より引用
  • だが、棟居は本杉の訴えを聞き流すことができなかった。 森村誠一『棟居刑事の憤怒』より引用
  • 次へ »