耳を赤く染め

4 の用例 (0.00 秒)
  • そそくさと立ち上がった文子は、まだ耳を赤く染めたままで、本棚に近づいた。 友野詳『妖魔夜行 闇より帰りきて』より引用
  • 耳を赤く染めながらも、六太が陽子の腕をきゅっと抱く。 同人『十二国記』より引用
  • 千熊は、耳を赤く染めて、黙ってうつむいたままであった。 堀和久『春日局』より引用
  • 目尻めじりを指でぬぐっていた朝比奈さんは、目の前で散弾銃さんだんじゅうをぶっ放された旅行鳩りょこうばとみたいな顔になり、くるりと背を向けて、えりぐりを広げて胸元むなもとを覗き込み、面白おもしろいようにみるみる耳を赤く染めた。 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』より引用