耳たぶを引っ張りながら

17 の例文 (0.00 秒)
  • 耳たぶを引っ張りながら、最後のカードを切ろう、と心に決めていた。 ...
  • 左の耳たぶを引っ張りながら見上げたものだ、と北野は感服した。
  • ホームのベンチに座って、耳たぶを引っ張りながら一気飲みした。 ...
  • 耳たぶを引っ張りながら北野も胸がうずくような手ひどい深手を負ったような思いで沈んでいた。 ...
  • 耳たぶを引っ張りながら、どう答えるべきか思案した。
  • 北野は、耳たぶを引っ張りながら、男に接近した。 ...
  • 「佐々木さんが検察で、供述してくれれば話は別ですけど、病気になるくらい、検察の尋問をいやがってる人に、それを期待するのは無理というものでしょう」 北野が耳たぶを引っ張りながら、かすれ声でいた。
  • 「とりあえず次回の呼び出しの予定はありませんが、場合によっては来ていただくことになるかもしれませんので、ご協力のほどよろしくお願いします」 「恐れ入ります」 北野は胸中を見透かされているような気がして、耳たぶを引っ張りながら、照れ笑いを浮かべた。 ...
  • 「あの佐々木さんに引導を渡したことが、けっこう伝わってて、陣内副頭取も北野を頼りにしてるんだよ」 北野は耳たぶを引っ張りながら、苦笑をらした。 ...
  • 北野が耳たぶを引っ張りながら、久山にいた。
  • 北野は耳たぶを引っ張りながら、佐々木をにらみ返した。 ...
  • 耳たぶを引っ張りながら、北野がいた。 ...
  • 北野が耳たぶを引っ張りながら、松本検事に言った。 ...
  • 「久山さんは、昨夜、パレスホテルでC新聞の河村編集委員に会ったらしいですよ」 北野は耳たぶを引っ張りながら、西田を見上げた。 ...
  • 北野は耳たぶを引っ張りながら、かろうじて態勢を立て直した。
  • 「厭な予感が的中したぞ」 「はあ」 北野は耳たぶを引っ張りながら、ソファで中山と向かい合った。 ...