耕筰

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 若き日の白秋ならば、そのことで耕筰とも喧嘩になったかもしれない。 ...
  • 耕筰は幼い頃養子に出され、活版工場で勤労しながら夜学で学んだ。 ...
  • この歌は耕筰のこの思い出を白秋が詞にしたものである。 ...
  • 山田耕筰の著作によると、1886年生まれの耕筰が15歳の時に岡山で卓球をしたという記録がある。 ...
  • 南満州鉄道が設立され、満州への移民が増えていた時代に、土地に合った歌が求められるようになり、南満州教育会からの依頼を受けた白秋・耕筰の二人が実際に満州に赴いて制作した。 ...
  • 耕筰は「多磨」の短歌一筋に熱中する白秋を惜しんで、再三忠告をした。 ...
  • 耕筰は自伝において、工場でつらい目に遭うと、からたちの垣根まで逃げ出して泣いたと述懐している。 ...
  • 同年12月4日、耕筰は成城の自宅に退院してくる。 ...
  • 山田耕筰は自分の頭がはげたのを淋しく思い、せめて名前にだけでも「ケ」をたそうと「耕作」を「耕筰」にした。 ...
  • 作曲者の耕筰自身の注記により、「ペチカ」はロシア語の発音に近づけた「ペィチカ」と歌うことが指示されている。
  • 離婚・再婚を機に戸籍上の名前も「耕筰」と改める。
  • 同じく白秋・耕筰コンビの楽曲。
  • 山田 耕筰は、日本の作曲家、指揮者。 ...
  • 松下初恵、大岩紀栄、山岡耕筰、清水高師、漆原朝子、永峰高志に師事。 ...
  • 東眞知子、石井志都子、ゲルハルト・ボッセ、松村英夫、数住岸子、山岡耕筰、ジェラール・ジャリ、澤和樹に師事。 ...