者で賑わう

44 の用例 (0.00 秒)
  • 春や秋にはイベントも行われて多くの来園者で賑わう。
  • 境内は桜の名所となっており、桜の時期には多くの参拝者で賑わう。
  • かつては大野海水浴場への観光客などの利用者で賑わったが、近年は減少傾向である。
  • 高校の文化祭ながら付近住民を中心に毎年1万人前後が訪れ、開場前から校門前は訪問者で賑わう。
  • 模擬店が中心の大学祭としては規模が大きく、地元では秋の風物詩として多くの来場者で賑わう。
  • 同駅は1977年まで特急も停車しており尾張旭市内では最も利用者が多く、現在も急行停車駅として多くの利用者で賑わっている。
  • 毎月28日が不動明王の縁日で、多くの参詣者で賑わいを見せている。
  • 駅周辺には梨園が多く所在し、収穫シーズンになると観光農園への来訪者で賑わう。
  • 現在では北九州市の副都心である黒崎地区の鎮守神の一社として多くの参詣者で賑わう。
  • 江戸時代には厳島詣が民衆に広まり、門前町や周囲は多くの参拝者で賑わった。
  • このうち生活用品店が中心の商店街であった三炭町商店街は炭坑労働者で賑わい、アーケードも設置されていた。
  • 秘仏である薬師如来は毎年11月8日に開帳され、多くの参拝者で賑わう。
  • 境外仏堂では土用の丑の日に『きゅうり加持』が行われ参拝者で賑わう。
  • 福井県側から3つのルートの登山道があり、5月の開花期の頃には登山者で賑わう。
  • 模擬店が開かれ、多くの参加者で賑わっている。
  • 巡礼者で賑わっているが、特に12月から1月にかけて多い。
  • 葛飾区唯一のお酉様として11月の酉の日には、熊手を求める参拝者で賑わっている。
  • 明治30年には招魂社として昇格し、多くの参拝者で賑わった。
  • 参道には多くの土産物店等が軒を連ね門前町を形成しており、初詣などの時期には多くの参拝者で賑わう。
  • 一年のうち、旅行者で賑わう繁忙期は、街の人口は4万を数えるほどに膨れ上がることがある。
  • 次へ »