者が三々五々

6 の用例 (0.00 秒)
  • 出席者が三々五々会場の外へ出ていった。 阿部牧郎『危険な秋』より引用
  • ほかの出席者が三々五々集まってきた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 巨頭連の饗応きようおうはこれで終ったが、招待を受けて同志の者が三々五々と訪れて来るのである。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 賞品が展示されていると聞いてか、見学者が三々五々入ってくるが、屋敷の宴の典雅なことと比べて、この蔵は地味である。 服部真澄『清談 佛々堂先生』より引用
  • そうしているうちに夜も更け、「もうそろそろ帰らねえと、明日の仕事に差しつかえるだ」と権兵衛が帰宅を促し、その言葉を潮に村の者が三々五々と家路につく。
  • それらが日々の壮士坊主の課業で、寺にきまった用事がなければ、必ずそれらの者が三々五々隊をなして、思い思いの場所に到って、その課目を怠らず修練している。 河口慧海『チベット旅行記(上)』より引用