考える

全て 動詞
55,182 の用例 (0.02 秒)
  • 多くのことを心に収めて考えることのできる人は強いといわねばならぬ。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • この手紙のことを考えるためにしばらくひとりになりたかったのだった。 原田義人『城』より引用
  • あるいはまったく酒なき世界が現れてほしいものだと考えることもある。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • あの二階家にかいやを建てたためにあの煙突ができたと考えることはどうだろう。 海野十三『西湖の屍人』より引用
  • 彼女はそれほど、瞬間の今の自分以外の存在を考えることを恐れていた。 池谷信三郎『橋』より引用
  • 夢にすらこんな願ってもないことは考えることが出来なかったのでした。 坂口安吾『桜の森の満開の下』より引用
  • 前後の事情を考えると、どうしてもこう判断するよりほかはありません。 岡本綺堂『蜘蛛の夢』より引用
  • 私は子供心にも何か物を考えるような人になりたいと思って大きくなった。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • それは彼がなにか大いに考えるべきものに突き当ったときの習慣だった。 海野十三『ゴールデン・バット事件』より引用
  • 敬二郎はそれを考えると、じっとしてはいられなくなってくるのだった。 佐左木俊郎『恐怖城』より引用
  • よく人は物事を考えると頭が熱するというけれど、僕はちょうど反対だ。 小酒井不木『自殺か他殺か』より引用
  • つまり質本位に考えるならば四十八本大いに結構といわなければならぬ。 伊丹万作『思い』より引用
  • そんな風に思ったが、いやそんなに深く考えることはいらなかったのだ。 海野十三『不思議なる空間断層』より引用
  • それを考えると、正勝はどうしていいか分からなくなってくるのだった。 佐左木俊郎『恐怖城』より引用
  • あの路を通っている人を見るとつい私はそんなことを考えるんです。 梶井基次郎『闇の書』より引用
  • 深い溜息といっしょに、私はこんなことしか考えることはできなかった。 伊藤野枝『転機』より引用
  • 興奮は神経的なものじゃから、電気現象の一種と考えることができる。 海野十三『キド効果』より引用
  • そしてそのための資金を如何にして作るべきかをしきりに考えるのである。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • 地上の斎河ユカハを神聖視して、天上の所在と考えることもできたからである。 折口信夫『水の女』より引用
  • 共に彼女に怒って欲しいのならどうすれば彼女が怒ってくれるかを考えろ。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 次へ »