考えつく

全て 動詞
328 の用例 (0.01 秒)
  • 法務大臣は彼らを絶望的な時間との競走に参加させることを考えついた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • むしろ相当変なことを考えつかないと、本当に新しい道は開けてこない。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • やはり裁判官が本舞台に出て実際の事実をみて初めて考えつく考えです。 末弘厳太郎『小知恵にとらわれた現代の法律学』より引用
  • そして私が考えついたことは、本を読みながら食べるということだった。 林真理子『ルンルンを買っておうちに帰ろう』より引用
  • この傘屋の看板を二つに切り、表と裏とに分離したらいいと考えついた。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • わたしは今ここに、なんの必要があって弁解などを考えついたのだろう? ジッド/山内義雄訳『狭き門』より引用
  • 天皇家始まって以来、このような経営法を考えついた臣下の者はいない。 池宮彰一郎『本能寺(上)』より引用
  • 私も義妹も夢中で、中に乗るように言うことも考えつかなかったようだ。 森茉莉『記憶の絵』より引用
  • 思うように着物を買うことができない女たちが、考えついたことだった。 群ようこ『飢え』より引用
  • ジミーが次になすべき手を考えついたのは午後も遅くなってからだった。 G・O・スミス『ブレーン・マシーン』より引用
  • ぼくがどうしても考えつかなかった唯一の解決策はまさにこれだった。 ハインライン『夏への扉』より引用
  • そしてそんな簡単なことすら考えつかなかった自分がずかしくなった。 森村誠一『高層の死角』より引用
  • 結局、人の考えつかないことを先に実行する人間が勝ちかとお文は思った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さんだらぼっち』より引用
  • それにまたこの正直な人々がどうしてこんな恥ずべきことを考えつこう? モーパッサン/杉捷夫訳『ピエールとジャン』より引用
  • そうして最後に考えついたのは、前よりはずっと穏健な仕方であります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 私だって自意識があるから、その位のことは自分で考えつくこともある。 養老孟司『ヒトの見方』より引用
  • どれもみんなあんたが考えつくのよりは、ずっとはやくてかんたんだよ。 アリグザンダー『(プリデイン物語4)旅人タラン』より引用
  • 地球で、自分だけの力で獲得したか、航行の途中で考えついたかだろう。 E・E・スミス/川口正吉訳『ヴァレロンのスカイラーク』より引用
  • そこまで考えついた時、私はほとんど打ちのめされるような思いがした。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • いかにもありそうな、こんな肩書をよくぞ考えついたものだと感心する。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 次へ »