考え

全て 動詞 名詞
315,161 の用例 (0.02 秒)
  • たしかにアメリカの写真だと考えられるものもこの小屋ではじめて見た。 伊丹万作『私の活動写真傍観史』より引用
  • この考えに対立して、また熱は物質的なものであるという意見があった。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • そのうちにクララの心の中には二つの世界が考えられるようになりだした。 有島武郎『クララの出家』より引用
  • また彼の考えでは黄道光なるものは太陽のまわりに生じた薄い輪である。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 四十歳前後のことで、考えてみればはや二十年ばかりも前のことである。 上村松園『芸術三昧即信仰』より引用
  • 私は自分というものから脱れるためにはどうしたら好いかと考えてみた。 モーパッサン・ギ・ド『ある自殺者の手記』より引用
  • 彼女はただそう相槌あいづちを打ちながら、心ではまるで別なことを考えていた。 モーパッサン・ギ・ド『初雪』より引用
  • この道のほかには人の子の生活を天国に結び付ける道は考えられません。 有島武郎『或る女』より引用
  • 僕はいつも彼のことをただ芸術的な気質きしつを持った僕等の一人ひとりに考えていた。 芥川竜之介『彼 第二』より引用
  • 星野のおぬいさんに対する態度はお前が考えたようであるかもしれない。 有島武郎『星座』より引用
  • 当時の関東軍参謀は今日考えられるように人々の喜ぶ地位ではなかった。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • 俺が今日いったような考えはすべての階級の人間が多少ずつは持ってるんだ。 有島武郎『星座』より引用
  • おれはこんど乗っていく船や、ゆく先のみなとのことをかんがえて歩いていた。 海野十三『透明人間』より引用
  • 父は畳一畳ほどの前をじっと見守って遠いことでも考えているようだった。 有島武郎『親子』より引用
  • わたしそう考えないと一刻も生きていられないような気がしてなりません。 有島武郎『或る女』より引用
  • 私は更に愛を出発点として男女の関係と家族生活とを考えて見たい。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 私は勉強をする事も覚え、読んだり考えたり書いたりする事も覚えました。 伊藤野枝『成長が生んだ私の恋愛破綻』より引用
  • そうするうちにもわたくしこころさらほかのさまざまのくらかんがえにみだされました。 浅野和三郎『霊界通信 小桜姫物語』より引用
  • これを分りやすくするために地球雰囲気の場合を例に取って考えてみよう。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 普通の考えではありますけれども非常に価値のある考えであります。 内村鑑三『後世への最大遺物』より引用
  • 次へ »