老召使い

9 の用例 (0.00 秒)
  • 応対に出た老召使いは彼のことを覚えていて、すぐに広間へ案内してくれた。 シモンズ『尼僧院から来た花嫁』より引用
  • 廊下で出くわしたよぼよぼの老召使いはあっけにとられて見ていた。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 痩せた老召使いが、その手に小さな写真をもって、せかせかと部屋にもどって来た。 クイーン/田村隆一訳『最後の悲劇』より引用
  • 老召使いは先きに立って、いちいち階段から廊下の電気をつけながら、やがて一同を案内したのは大きなドアのまえ。 横溝正史『双仮面』より引用
  • モハメットが何やら大声で叫ぶと、すぐさっきの白髪の老召使いが入ってきた。 横溝正史『双仮面』より引用
  • 老召使いは石段を二段おりると、壁のくぼみにある、大きな樫の扉のまえに立った。 クイーン/田村隆一訳『最後の悲劇』より引用
  • 老召使いは静かにそのドアを左右に開くと、何やらわけのわからぬ言葉で部屋の中の人に告げ、それから一歩退さがって、一同に軽くお辞儀をする。 横溝正史『双仮面』より引用
  • 降って湧いたような、鋭い声に、一同がハッとうしろを振り返ると、そこに立っているのは、あの白髪の老召使い。 横溝正史『双仮面』より引用
  • 等々力警部は由利先生と思わず顔を見合わせたが、ポケットに手を突っ込むと、ピストルをぎゅっと握りしめ、それから、油断なくあたりの様子に気を配りながら、老召使いのあとについていった。 横溝正史『双仮面』より引用