全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 潘濬は、このことを聞くと大いに腹を立て、手紙を送って潘翥を責めていった。 ...
  • のちに潘翥は潘濬の元を離れて弟と共に都の建業へ上った。 ...
  • 初め名を公弼といい、後に翥と改めた。 ...
  • 西魏には儀制の多くが欠けていたので、宇文泰は薛憕と盧弁・檀翥らに命じて儀制を制定させた。 ...
  • 呉翥の子として生まれた。 ...
  • 常に可忌いまはしと思へる物をかく明々地あからさまに見せつけられたる貫一は、得堪えたふまじくにがりたる眉状まゆつきしてひそかに目をそらしつ。 ...
  • 潘翥が跡を継いだが、若くして亡くなった。 ...
  • また、潘濬は子の潘翥が隠蕃と付き合うのを知ると、大いに腹を立てて潘翥を叱りつけたという。 ...
  • 高 翥は、南宋後期の中国詩人・作詞家。 ...
  • 頂上に辿り着いて一息入れる間もなく、忽ち岩壁に吹き付ける勁風のような凄まじい翥の音が聞えて、一羽の猛鷲が脚元近くの懸崖から舞い上った。 ...
  • 何と思ひも分け得ざる間に、雲霧自然おのづと消え行けば、岩角の苔、樹の姿、ありしに変らでまなこに遮るものもなく、たゞ冬の日の暮れやすく彼方の峯に既没はやいりて、梟の羽翥はばたきし初め、空やゝ暗くなりしばかりなり。
  • 子は潘翥・潘祕・女子一人。 ...
  • 黄龍2年、魏の隠蕃が呉に投降してくると、弁舌がさわやかなところから有力者たちに喜ばれ、潘翥も隠蕃と交際を結び、食料を援助したりしていた。 ...
  • 潘翥は騎都尉の官を授かり、赤烏2年、潘濬が亡くなると劉陽侯の爵位を嗣ぎ、父の兵をあずかったが、若くして亡くなった。
  • 潘 翥は、中国三国時代の呉の武将。