翔子女王

82 の用例 (0.00 秒)
  • 翔子女王様はロープの一部を外して、私をまた四つん這いにさせた。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 翔子女王様はもう怖い女王様でなく、すっかり優しい翔子さんになっている。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 目の前に鏡があり、私のケツ越しに翔子女王様が見える。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • しかし、私は何とかして翔子女王様について行こうと思った。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • まずは私の最初のSM体験をお導きになった翔子女王様である。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 私のような素人にあんなぶっとい張型を入れた翔子女王様はやっぱり乱暴者ですぜ。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • ここまで至っても、翔子女王様の意向になんとか沿いたいとの気持ちはまだあるのだが、これ以上は耐えられそうにない。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 翔子女王様が初のM体験の相手である幸運に胸を躍らせた。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 翔子女王様は私が抵抗するだろうと予測して、半ば冗談で言ったようだが、あまりに私が積極的なので唖然としている。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • お怒りになった翔子女王様は私を縛り始めた。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • さっきの優しい時間にまだ自分を置きっ放しにしていた私は、ついそう答えてしまったのだが、ここで翔子女王様は本気で怒った声を出した。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 翔子女王様は立ち上がって四つん這いの私のパンツを下げた。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 「翔子女王様、もう少し続けさせて下さい」と私はお願いをした。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • ここで翔子女王様は編集者を部屋に招き入れた。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • それを聞いた翔子女王様は次々とムチを炸裂させた。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 私の前に現れた翔子女王様は、写真で見ていた以上にお顔もスタイルも抜群、意外にもおっとりした口調がまた私の好みである。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 翔子女王様はイモムシのようになった私を床に転がせる。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • もう二度とあんなことはしたくない、私にはMの気がまるでないと確信したというのに、翔子女王様にだったら、もう一度いじめられてもいいと思い始めているのだ。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 美姫女王様は、翔子女王様と並ぶ「ラビリンス」の看板女王様である。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 「お掃除しなさい」と翔子女王様は私の口に聖水のついたマンコを押し付けた。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 次へ »