翔ろ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は外部の暗黒の中をひそかにわしのようにかけり回って戻ってきたのである。 ...
  • これまで見たことも聞いたこともない土地の上空を翔んでいるのだ。 ...
  • どうせわれわれは、地上の戦闘のためにここまで翔んできたのだ! ...
  • すればキューピッドのはねでもりて、からすとびのやうにかけったがよからう。 ...
  • 月に一度は必ず、米軍の飛行機が鋭い音を響かせながら、とうげの上をかけった。 ...
  • 夜鳥の啼声が夜空をつんざきながら離屋の屋根の上を東へ翔んで行った。 ...
  • 竜蔵は、その真柴と同じ境遇にいた女性のことに、ふと、思いがんだ。 ...
  • するとどうだろう、馬は僕を乗せて空中をかけっているんだ。 ...
  • ヘリは彼らの姿を認めたらしく、一直線にこちらの方角へんで来た。 ...
  • それと一緒に翔んでいるのではないかと思った。 ...
  • 物語や断章やになって、それらは翔んでゆきたいとあせっています。 ...
  • 私もよく自分が空を翔んでいる夢を見るのよ。 ...
  • 「そうか、本当に美甘子は違う世界に翔んでいくのだな」と賢三は思った。 ...
  • 午前中の授業が終りに近づく頃から、足柄竜太の心は映画館に翔んでいた。 ...
  • 流行の言葉でいうと、森夫人は中年になってから「翔んだ」ことになるわけだ。 ...
  • 両者は足場など必要とせず、壁を蹴る反動だけでより高みへとのぼっていく。 ...
  • それから鞭をうって車をれば、二匹の馬はいそいそとしてかけっていった。 ...