習う

全て 動詞
1,102 の用例 (0.01 秒)
  • 勤務先で何年か習っていたお花の先生が、お免状と看板を下さるという。 石垣りん『ユーモアの鎖国』より引用
  • 学校の家庭科で習ったのを試してみたくて自分からやってたんだから。 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • 僕でさえも忘れたままの方がいいと思っている英語を何故習うのか。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • お君さんとその弟のしょうちゃんとが毎日午後時間を定めて習いに来た。 岩野泡鳴『耽溺』より引用
  • それまで自分だけが親に教えてもらっていた仕事を、弟も習い始めた。 畠中恵『百万の手』より引用
  • 魔術を習った原因は、その障害が医学では治療できない物だったからです。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 小学校の頃よりピアノ、声楽の先生である母の影響によりピアノを習う。
  • 外国語を習ったことのある人は、それがよくわかっているはずである。 養老孟司『からだを読む』より引用
  • 彼の習った英語教師はイギリス人ではなく、アメリカ語を教えたのだ。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • まるでピアノを習う娘たちが幸福の象徴でもあるような声をだして。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • これに習い守護の大名家も各家でそれぞれの文字を通字として用いた。
  • けれども、こちらではこちらの習いに従わなければならないこともある。 同人『十二国記』より引用
  • わが身を助けるようなことはなにひとつ習ったことがなかったからです。 グリム兄弟/塚越敏訳『グリム童話(2)』より引用
  • 他にどんなことを習ったかは覚えてないのに、このことだけ忘れない。 高橋章子『アッコです、ドモ。』より引用
  • どこかに初々ういういしさが残っていて、得難い先生に習ったと私は思っている。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 本気で魔術を習いたいんなら、この戦いが終わってからにするべきよ。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 巨大な手だからピアノを習いなさい、シューベルトの例もあるからって。 西風隆介『神の系譜Ⅵ 竜の時間 神国』より引用
  • まあ、教科書で習った程度で、本当にそうなのか俺には分からんけどね。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 習いましたよ、筆で、なおかつ日本語で自分の名前を書くんでしたよね。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • ここで花輪が、三週間と少しで習い覚えた広東語の成果を初めて見せた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 次へ »