習う漢字

7 の用例 (0.00 秒)
  • しかし学習指導要領では義務教育の国語で読みを習う漢字は常用漢字しか規定がない。
  • なお、ひみつ道具ずかんでは子どもが分かるように、2年生以降で習う漢字は使っていない。
  • 中には同じ放送回で簡単な漢字にルビが振ってある一方、高学年で習う漢字にはルビが振られていなかったこともある。
  • 基本的に小学生を対象にしているため、小学校3年生以降で習う漢字は使わないか、後ろにカッコで振り仮名がついている。
  • ちなみに中学校で習う漢字は常用漢字表のうちの一部であるが、各教科書によって何学年でどの字を習うかは異なる。
  • レベル1から6は小学生が各学年で習う漢字に対応し、7から9レベルは中学生以降で習うその他の漢字となっている。
  • 幼稚園にいる間に、信一は、九九だけでなく、ひらがな、カタカナ、アルファベット、小学校四年生までに習う漢字、簡単な英単語、それに小倉百人一首などを暗記していたが、それでも、母親の遠大な計画と心づもりからすれば、てんでお話にならなかった。 貴志祐介『天使の囀り』より引用