習う事

5 の用例 (0.00 秒)
  • 他の居合流派と同じく、前の敵、左右の敵と稽古していき、多数の敵相手の技を学び、最後に立った状態の技を習う事になっている。
  • 現在日本では、中目黒にある「」で習う事が出来る。
  • 小学生の頃、父親が酔った勢いで買ってきたドラムスを習う事になるが、マーチばかりのレッスンに興味が湧かず一週間でやめ、野球に打ち込む青春を送るようになる。
  • 幼少の頃より芸事が好きであり、10歳の頃より藤間流・坂東流などの日本舞踊を習い、将来も舞踊の師匠になるのを望んでいたが、「踊りの師匠になるには細三味線くらい弾けなければならない」と父に勧められ、端唄の三味線も習う事となった。
  • オトフリート三世が皇太子時代帝国軍三長官兼帝国宰相であった事から臣下が皇帝の先例に習う事を避け、以後国務尚書が帝国宰相代理となっていたが、物語本編中でリヒテンラーデがエルウィン・ヨーゼフ2世擁立時からリップシュタット戦役終了時に失脚するまで務め、その後はラインハルトが皇帝に即位するまで務めた。