習うよう

53 の用例 (0.00 秒)
  • 小笠原道大を習うようにしており、小笠原の自主トレには帯同している。
  • 彼はまた、シベリアや極東の先住民が学校でロシア語を習うよう命令した。
  • 何も知らなかったこの子が、もう字を習うようになる。 永井隆『この子を残して』より引用
  • だが、ただ本に書いてあることを習うように習っていただけで、それを考えてみたことはなかった。 レマルク/山西英一訳『凱旋門(上)』より引用
  • これに習うように、地方教育委員会でも社会教育部・課を生涯学習部・課に改称・改組するようになった。
  • 小さい頃から音楽が大好きで、九歳の時からピアノを始め、十四歳の時から声楽も習うようになりました。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 学校で習うようなことから、ハミダシてるような、ハズレてるような感じがした。 南伸坊『ぼくのコドモ時間』より引用
  • なお殺害時かは不明だが、犯人が子供部屋の二段ベッド付近や階段の移動時に壁に背中を付けるなどして、軍隊などで習うような横歩きをしていたことが足跡からわかっている。
  • 古文書学校卒業資格を得るには、通常の大学で習うような分野ごとに細分化された仕方ではなく、様々な学問領域の知識を横断的に用いる能力があると証明する必要がある。
  • その後で漢字を習うようになると、もっと大変でした。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(1) ―どうしよう…の巻』より引用
  • ここに入っている四十組の母子は、室代月六円で、何かを習うように指導しているので、それぞれ経済的に独立する見込が立てば出て行くことになっているが、子供があまり小さいと、母が働く間子供を見てくれるものがない為になかなか出たがらないという。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 紹介される英単語は、中学校で習うような初等的な単語が多い。
  • 三度はじめからしまいまで読み返して、それから本をアーサに返して、あとは一人で習うように言いつけて、船の中にはいってしまった。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 小学生の僕に、手習いと英語を習うように命じて来た。 関容子『日本の鶯堀内大學聞書き』より引用
  • 小学生になると近所の教室でピアノも習うようになったが、忙しくなり、ピアノにはあまり打ち込まなかった。
  • 奉公人を多勢使って贅沢ぜいたくに暮して来た日までのことに比べると、すべて新たに習うようなものである。 島崎藤村『家』より引用
  • 彼が葉子に英会話を習うようになってまもなく1年になるが、勉強熱心なので驚くほど上達が早かった。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 腕力でも体力でも、相手を圧倒することが支配を容易にすると父は確信していて、私にも柔道を習うように命令し、強い人間に育てあげようと腐心したのであった。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • 後の三人も習うように向き直った。 石原慎太郎『生還』より引用
  • それも、この宗教の相違の問題だけは、ともに二人が生活をしてみた後でなければ、互に分らぬことかもしれず、また考えようによっては、千鶴子のカソリックを信じる意向も、ただ近代の日本婦人が外国語を習うような、教養の部門の一つの趣味として考えているだけかもしれないと思われる筋もあった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 次へ »