習う

全て 動詞
1,102 の用例 (0.01 秒)
  • そこで君は事情があって仕事を習いに来たというように見られたがった。 半村良『闇の中の系図』より引用
  • 文帝はこれをよしとして、天下の州県ごとに博士を置いて礼を習わせた。
  • おれの母親の娘時代には、みんなお花とかお茶を習っていたというんだ。 姉小路祐『風水京都・竹の殺人』より引用
  • でも、君たち二人以外に僕から習いたいなんて思うやつはいないと思う。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • 私には音楽学校でそういうものを習っているな、ということがわかった。 小林一三『宝塚生い立ちの記』より引用
  • 捕虜を勝手に殺しちゃいけないってことくらい、義務教育で習っただろ。 喬林知『今日からマ王 第01巻 今日からマのつく自由業!』より引用
  • その生活のさ中で、ある日突然に私はダンスを習う決心をしたのである。 五木寛之『風に吹かれて』より引用
  • それがこの商売で習い性となったものか、女は膝を立てて腰を浮かせた。 中上健次『岬』より引用
  • だれに習ったのか太郎の言っていることはもっとも基本をついている。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たたかう青少年』より引用
  • 江美は習いに行っているお華教室の場所を教え、夕方ごろとだけ言った。 中場利一『えんちゃん 岸和田純情暴れ恋』より引用
  • 彼にもピアノを習わせたものの、小学校の時にやめ声楽の道へと進んだ。
  • その後周辺の集落もこれに習い、周辺地域には数十の輪中が形成された。
  • 少しでも彼女に近づけないかと、そう思って剣を習うことすらしてみた。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ04 扉なき仮宿』より引用
  • アーヴの文化を学んだとはいえ、それは学校でもと国民から習ったのだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • だが神社前を大軍が通る時にはおはらいをすることが習いとなっています。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • ピアノは十歳から習いはじめ、高校の頃にはかなりの腕前になっている。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • 泰子は椙本三郎に英語を習っていたことがあるので先生と呼ぶのである。 横溝正史『支那扇の女 他一篇』より引用
  • 防州の室積で習った英語とアメリカの英語とはかなり違いそうであった。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 仕事をするのも、家事をするのも、習いごとをするのも嫌なのだそうだ。 群ようこ『無印結婚物語』より引用
  • ああ、なんとかその秘密を知って、この人からそれを習いたいものだわ! トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 次へ »