翌天文

131 の用例 (0.00 秒)
  • 翌天文23年9月6日には遠江国の国衆天野景泰への使者を務めている。
  • しかし、下間頼盛は和睦に反対、翌天文3年3月に証如を人質に取った。
  • 亮政は京極氏との対立を解決しないまま、翌天文11年1月6日に死去した。
  • 晴信は翌天文11年に信濃諏訪氏との同盟を手切とし、諏訪侵攻を行った。
  • 翌天文3年新納院高城の戦いで米良一揆との激戦の末に戦死した。
  • 翌天文22年、松山城にて50歳で死去、跡は猶子となっていた通薫が継いだ。
  • 翌天文5年、勅許により美濃守に遷任して正式に守護の座に就いた。
  • 翌天文17年には信濃守護小笠原長時との戦いにおいて信玄から感状を受けている。
  • しかし親興は城を守り通し、翌天文19年3月に遊佐長教の仲介で和睦した。
  • 享禄5年7月には大内記・文章博士になり、翌天文元年には少納言に任じられた。
  • しかし翌天文11年、頼重が武田信玄に自害させられると、大井氏に帰参した。
  • 翌天文5年には今川家で当主氏輝死後に家督争いが発生し、義元が新たな当主となる。
  • 虎房は翌天文18年正月に高島城へ移り、以後諏訪郡司は高島城に在城した。
  • しかし天文14年に龍造寺氏の一族の多くが殺されると、翌天文15年に家兼に協力してともに馬場頼周を討つ。
  • 翌天文20年に行われた信濃守護小笠原長時攻めでは被官衆を率いており、翌天文21年に出羽守信有は死去していることからこのころ家督相続・元服したと考えられている。
  • 朝興の娘は懐妊するが、翌天文3年11月に死去している。
  • 翌天文20年11月には、堺で開かれた天王寺屋の津田宗達の茶会に出席している。
  • 翌天文16年に清順に対して上人号を許す旨の後奈良天皇からの綸旨が残っているが、この宛先が紀伊国となっており、この当時はまだ紀州に居たと考えられる。
  • しかしこの和睦は破られ、天文7年、翌天文8年と部垂にて義篤と戦った。
  • 同年6月には山名勢が小早川領へ侵攻、10月と翌天文13年3月には尼子勢が備後へ侵攻するなどしていた。
  • 次へ »