翌二十八日

41 の例文 (0.00 秒)
  • 遺骨は翌二十八日、染井の墓地に埋葬され、龍之介は一塊の土に帰した。 ...
  • 翌二十八日は午前十時に諸友と再び上陸し、数隊に分れて案内者無しに歩いた。 ...
  • さらに彼は、その翌二十八日の早朝六時頃、ホテルからタクシーで福岡空港へ。 ...
  • 実家が呉の吉浦よしうらにある舌崎の上陸時間は、夕方から翌二十八日の明け方までだった。 ...
  • その効果があったのか、翌二十八日の夕、久し振りに雲が空を覆い小雨が降った。 ...
  • 翌二十八日の各朝刊紙は内閣情報局の指令のもとに、ポツダム宣言を国民に発表した。 ...
  • 翌二十八日は、朝から雨であった。 ...
  • 志村たちは、佐久田が逃亡しないように一晩アパートの外で監視をつづけ、翌二十八日の朝、彼が出勤する前に再び大仁南署へ同行した。 ...
  • 翌二十八日、陸海軍部長作戦担当者の打ち合わせがあった。 ...
  • 翌二十八日、そのグルーの手に一通の回答が手渡された。 ...
  • 翌二十八日、マホメッド二世は、全軍があらかじめ決めてあった戦闘位置に布陣を終えたのを見て、一日の休息を許した。 ...
  • 翌二十八日朝刊は、この指導に従ってポツダム宣言を扱った。 ...
  • ただし、敵も天狗党のこの反撃ぶりに、ただ意気銷沈しようちんした敗軍ではないぞという意外感をおぼえたらしく、その日はもとより翌二十八日も大子村に近づいて来なかった。 ...
  • 翌二十八日午前十時から外相会談が開かれ、共同声明の案文を作るため日中事務局間の詰めが行われた。 ...
  • その翌出立しゅったつしてタライ・ジャンガルという大林だいりんでヒマラヤ山の玄関というべき入口より少し前の村で宿りまして、その翌二十八日大林入口のシムラという村を過ぎてはば四里の大林を一直線に横ぎってビチャゴリという山川の岸にある村にて宿りました。 ...
  • 翌二十八日の各紙朝刊は「ソ連元代表部二等書記官の失踪」として一斉に大きく記事を掲げた。 ...
  • 翌二十八日、私のノルマは三角雪田までだったが、最後のジェードルの乗越しで、ついに小西さんにトップを変わってもらった。 ...
  • 次へ