義理堅い

全て 形容詞
127 の用例 (0.00 秒)
  • こんなに義理堅い男がまだ存在したのかと思わせる人物だった。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • 生命に対する尊敬の念は薄いが、変に義理堅いところがあるのだ。 古橋秀之『ブラッドジャケット』より引用
  • このあたり商売人としては、いや商売人だからかもしれないが義理堅い。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • それでも義理堅いところがある男ですから、二度、三度と逢瀬を重ねます。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • それに、わたくしこれでも義理堅い昭和生まれの人間でございます。 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』より引用
  • 彼女自身もまた、勿論、その義理堅いことを自信して疑わなかったのである。 宮本百合子『渋谷家の始祖』より引用
  • その辺は細かいというか義理堅いというか、こまめなのもこのふたりである。 亜瑠『3月の出来事』より引用
  • その日のうちに、義理堅く檜山が寄越した使いから顛末と伝言を聞いた。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • ミッドグラット人は自分たちの気質を義理堅いと評価しているのだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 02 星界の断章 Ⅱ』より引用
  • 尤も彼は病院に居た時から非常に義理堅い女で姉が何かやると屹度返禮をした。 長塚節『開業医』より引用
  • その義理堅さはハリウッドでも美談として評判となり、日本にも伝えられた。
  • 中国の人というのは、そういうことには、たいへん義理堅いところがあるでしょう。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • 見かけはああですが、妙に義理堅いところがあるんですよ。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用
  • けれども義理堅い点において、むしろ武士さむらいに似たところがありはしないかと疑われます。 夏目漱石『こころ』より引用
  • けれども義理堅い点に於て、むし武士さむらいに似たところがありはしないかと疑われます。 夏目漱石『こころ』より引用
  • ヤクザな世界に生きる人間は、見た目は悪いが義理堅く、俺は嫌いではない。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • 義理堅いといったら、あのぐらい律気な男もいませんからね。 半村良『およね平吉時穴道行』より引用
  • あの話もしたいし、この話もしたいんだけど、義理堅い原田としては沈黙せざるを得ないのよね。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • そのあたりを理解している義理堅い冒険者が返礼の品を持ってこの部屋に訪れることもしばしばあった。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • そのへんプロ意識というか、義理堅ぎりがたいやつではあるのだ。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第03巻』より引用
  • 次へ »

義理堅い の使われ方