美辞麗句をつらね

6 の用例 (0.00 秒)
  • 一たび月が上がると、二人は必ず美辞麗句をつらねた。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • この象徴しょうちょうについて、人びとの頭の上に美辞麗句びじれいくをつらねながら、一時間、あるいはそれ以上も、力づよく強調したので、その文字は彼らの想像の中で新しい恐怖を持ち、その緋の色を地獄の底のほのおから取ってきたように思われた。 ホーソン/刈田元司訳『スカーレット・レター(緋文字)』より引用
  • 美辞麗句をつらね、相手を真相と異なる方向へ誤導する技術が、もっとも必要なものだった。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 01 星を砕く者』より引用
  • アルシード・ジョリヴェは美辞麗句をつらねて語り、ハリー・ブラントは簡単な単語をならべて答えていた。 ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(上)』より引用
  • そのうえ彼には、クラウス・ラデマイヤーなる偽名と、その人物の架空の経歴と、ヨーロッパの一流のホテルよりの最高級の美辞麗句をつらねた推薦状とがあたえられていた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『16 コンピューター戦争』より引用
  • 面白いおじいさん、から一転して美辞麗句をつらね、めちぎりかき口説く秋芳を、おりんがいったいどのように感じていたかは、明らかでありません。 半村良『セルーナの女神』より引用