美味しい

全て 形容詞
1,429 の用例 (0.01 秒)
  • 俺は前に来た時に頼んだ物を勧めておいた 普通に美味しいと思ったから。 電車男『trainman2』より引用
  • きっと美味しいはずだろうに、砂をんでいるみたいに味がしなかった。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 下巻』より引用
  • あなたは彼と会う度に、美味おいしい夕食をつくってあげたりしていませんか? 梅田みか『愛人の掟3』より引用
  • 私が美味しいものを食べる機会を逃すなんて,信じられないわけなのだ。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • こんなに美味おいしい飲み物がこの世にあったか、と真剣に感動したものだ。 梅田みか『別れの十二か月』より引用
  • 美味しくなくても、一緒に文句を言える相手がいれば楽しかったと思う。 電車男『hermes』より引用
  • 名古屋の饂飩が美味しいというのもあの辺の小麦粉が良いのだそうです。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • それを忘れずここぞというとき、つくりなれた美味しい料理を披露する。 梅田みか『愛人の掟1』より引用
  • 自分自身が太郎に美味しいものを想像してもらえる人になるためには。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たたかう青少年』より引用
  • 琥珀さんの料理は美味しいし、秋葉と一緒にする食事をするのは好きだ。 奈須きのこ『歌月十夜 40 遙か彼方の――』より引用
  • モー一層美味おいしくするには前にある白ソースをこしらえてその上へ掛けます。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 生のままたべたのでとくべつに美味しくはなかったが、いい香いだった。 森茉莉/早川暢子編『貧乏サヴァラン』より引用
  • 人間は三度の食事を美味しく食べるほど幸福な事はありますまい。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 煙草の味が美味しいと感じるのは、夕食後のただの一本だけである。 森瑤子『別れの予感』より引用
  • やはり、美味おいしいもの、好きなものは最後にとっておくべきだと思うのだ。 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • また喫み方がおかしいだけではなくて、たいして美味おいしくないのである。 森茉莉/早川暢子編『貧乏サヴァラン』より引用
  • 日曜の昼日中に女がひとりで食べて美味しいランチなんであるわけない。 電車男『hermes』より引用
  • だっておばあちゃんになっちゃったらきっと美味おいしくないだろうしねぇ。 紅玉いづき『ミミズクと夜の王』より引用
  • 六月から九月にくればカニは子をもっていて美味しい、と先生は教えた。 田辺聖子『ヨーロッパ横丁たべあるき』より引用
  • 美味しいと言った時喜んでくれた、あのおじさんの笑顔を思い出したのだ。 紅玉いづき『ミミズクと夜の王』より引用
  • 次へ »