羊頭狗肉

全て 名詞
14 の例文 (0.00 秒)
  • 羊頭狗肉もはなはだしいではないかと血相を変えても後の祭りだ。 ...
  • これは決して、羊頭狗肉ではなく、女性が装えば、すなわちそれこそ男にとっての実体なのだ。 ...
  • まったく羊頭狗肉ようとうくにくとはこのことだ。 ...
  • ただ、名前勝ちにしろ名前負けにしろ、羊頭狗肉ようとうくにくであることにゃあ違いねーだろ。 ...
  • 新石器時代から食用犬の飼育が盛んだったことが知られており、「羊頭狗肉」といった熟語も現代に伝わっている。 ...
  • というかそれが売りなんだろうから当然だろう、メイド喫茶でメイドさんがいなかったらそれはそれで羊頭狗肉ようとうくにく、看板に大きないつわりありだ。 ...
  • 羊頭狗肉ではないつもりだ。 ...
  • まさに、羊頭狗肉とはこのことだ。 ...
  • このことが「牛頭馬肉」の言葉を生み、後に変化して故事成語の「羊頭狗肉」になる。
  • 「まあ、オバケ屋敷だからな」 オバケ屋敷が不気味じゃなかったら羊頭狗肉ようとうくにくもいいところである。 ...
  • 現代の作家にも、春本を書きたい気持の方が少くない、ぼくはエロ作家であるから、と、自慢してみても、実をいえばレッテルのみ立派で、羊頭狗肉もいいとこ、これまでまともな男女の営みを、書いたことがないのだ、すべて、老人と少女、美少年と母親、年老いた夫婦の交情、あるいは不能者とその娘など、欠陥カップルばかり。
  • 古代中国で犬肉を食べていた事実は、「羊頭狗肉」「狡兎死して走狗烹らる」などの諺、前漢の高祖に仕えた武将樊噲がかつて犬の屠畜を業としていたことからもうかがえる。 ...
  • 小生、これはと心ひかれる、といっても、その広告文キャッチフレーズにより判断するしかないのだが、おもしろそうなのには、必ず送金して、「思わすドッキリ、ウーンとシロクロ」など称する写真秘本を注文するのだが、もとより羊頭狗肉もはだしで逃げ出すしろもの、これまでのところ淳風美俗の枠一歩もはみ出ていない。 ...