罷業

全て 名詞
102 の例文 (0.00 秒)
  • 罷業は跡方もなく鎮って、街々は近づいて来た巴里祭の準備に賑やかだ。 ...
  • 同時に罷業策源部である総工会に秋波を用いることさえ拒まなかった。 ...
  • 大統領は罷業を禁じ、炭坑を接収するというが、どういうことになるか。 ...
  • そうだ今日は罷業があったのだと、久慈は初めて気附いてテーブルを立った。 ...
  • 昨日は罷業の会社がもう三百になっているんだもの。 ...
  • そのくせまだこの国では毎朝新聞を読んでいても、一度も罷業ひぎょうという字に出会いません。 ...
  • 会話はすべて巴里に進行している大罷業だいひぎょうの話ばかりだ。 ...
  • それと同時に、彼は再び芳秋蘭と一緒に揺れ上って来た彼の会社の罷業の状態を思い出した。 ...
  • 彼は日本人紡績会社に罷業が起ると、彼らの一団と共に策動し始めた。 ...
  • ああ、そうそう、今日はまた日本紡が四つほど罷業ひぎょうで沈没しましたな。
  • その癖まだこの国では毎朝新聞を読んでゐても、一度も罷業と云ふ字に出会ひません。 ...
  • 罷業をしたってお先に支那人にされちゃ、罷業にもならんじゃないか。 ...
  • 罷業をしないものは、お寺と警官だけになってしまった。 ...
  • 近所に白系露人ばかりで経営している食事場が、一つあるのを思い出し、そこも罷業するものかどうかと行ってみる。 ...
  • 米国の炭坑罷業七日をもって中止して復業するよう代表のルイスから指令出たという。 ...
  • しばらくして一団の罷業実行委員会が検べに来たが、窓の紙を見て何も云わずに通過した。 ...
  • 街の大きな店はたいてい店員の罷業で戸を降ろしている。 ...
  • 次へ