纏お

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 今までに一つとしてまとまった仕事をして来なかったのが何よりの証拠である。 ...
  • これらの問題に就いて纏ったことを書かうと私は思つたのではありません。 ...
  • 頬というものは筋肉だけでなくずいぶんと脂肪を纏っているものらしい。 ...
  • あの女は影のように私に附きまとい、決して姿を見せず私を嘲笑あざわらっている。 ...
  • 過去にはオリジナル塗装を纏った流通経済大学線専用の車両も存在した。 ...
  • 大鼠は手下の鼠の数倍はあろうと云う大きさで、しかも衣を纏っている。 ...
  • 魔法師はその身に纏う情報強化で偽りの斬撃を無効化することができる。 ...
  • 彼等には古代人の夢にも知らなかった複雑な大人の苦悶がつきまとっていた。 ...
  • が、困ったら、土人のように木の皮を身にまとうても差支えないと考えた。 ...
  • 体内に業火を宿し、全身に煙と影を纏う大きな人のような姿をしている。 ...
  • 人の身に纏うものは、不思議にその人の風情を移しているものである。 ...
  • そのころまで、僕はかなり気味の悪い感じにつきまとわれていたに違いない。 ...
  • の衣裳をまとっていなくてもお文の所作で何んとなく察するものらしい。 ...
  • 常は殿上に上ることのできる身分の者が身につけるべきほうを纏っていた。 ...
  • その、小さなからだにまとう異様な雰囲気に、わたしは思わず息をのんだ。 ...
  • 彼は学生服を纏った幼い少年の姿をし、ミコトを慕っているのであった。 ...
  • 平素から黒をまとわれるのは、王かそれにごく近い生まれの者のみです。 ...