繰り出し

全て 動詞
1,529 の用例 (0.02 秒)
  • それぞれの部隊から第一番隊が繰り出し、連合軍の柵に迫ったのである。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • その不機嫌さなど気にもならない様子で、医師が質問を繰り出してきた。 畠中恵『百万の手』より引用
  • 技の数は非常に多く、それらを巧みに繰り出していくことを特徴とする。
  • 普段はあまり動かないが襲われると高速回転して体当たりを繰り出してくる。
  • 全軍を繰り出してあいつらに向かわせれば後退させられたのではないか?
  • 若いころから夜遊び好きであり、毎晩のように夜の街に繰り出していた。
  • 元気になってよかったわ、などと思いながら、二人で夜の街に繰り出した。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 敵も大編隊を繰り出して波状攻撃を仕掛けてくるようなことはあるまい。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • ここ数日の陽気に誘われて京都の街に繰り出しているのかもしれない。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • ガレオンを発見して、戦闘機が百機も繰り出してきたらどうなるのか。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ07 美しき魔王』より引用
  • 烏の形をした炎をまとう拳も繰り出しているが、技名は設定されていない。
  • しかしその腕を、第三の人物はよけようともせずに、更に正拳を繰り出した。 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』より引用
  • 外を眺めると、気の早い連中が白い息をはずませ初詣に繰り出していた。 霞流一『フォックスの死劇』より引用
  • 晩年には観光バスタイプではなく一般路線車を繰り出していた。
  • 彼女の後ろに控える二体の影の使い魔に対し、エストックを繰り出した。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 長い首をしならせて強力なクチバシの突きを連続で繰り出してくるという。
  • 救急車まで繰り出して女を誘拐ゆうかいした男のする事にしてはとぼけすぎている。 安部公房『密会』より引用
  • 翌年からは赤字に転落し、一般会計に繰り出しのできない時期が続いた。
  • 私たちは、仕事があるという洋平と別れて、三人で街へと繰り出した。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • 戦いが始まって二度目の攻撃を繰り出し、既に完了させている志貴がいた。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 次へ »