繋ぐ路線

12 の用例 (0.00 秒)
  • さらに隣接する郡の交通局がサクラメント中心街に入る路線、あるいはライトレール・システムと繋ぐ路線を運行している。
  • 坂井市の福井県道106号とあわら市の福井県道123号とを繋ぐ路線である。
  • これは近畿地方では同じ河川の平野部と盆地が近接する形成傾向にあって、それぞれに発展した都市同士を繋ぐ路線が多いからである。
  • 彩が丘地区や高城台地区と国道34号線やジャスコ前を繋ぐ路線で、小型バスで運行される。
  • 現在は長崎港西側の稲佐・立神・神の島地区と長崎市南東部の風頭山方面・田上方面を繋ぐ路線を主に担当する。
  • また、ロードサイド店舗の増加や病院・公共機関の郊外移転で職場と物販・サービスが郊外化し、単純に従来の中心部と郊外住宅地とを放射状に繋ぐ路線では需要を拾いきれない状態に陥っている。
  • 諫早市との境界にあるつつじが丘地区とジャスコ前を繋ぐ路線で、1時間に1本の間隔で運行される。
  • 教皇国家は1856年にローマとフラスカーティを結ぶ路線を、1863年にはローマとヴェッレトリとを繋ぐ路線を、それぞれ建設していた。
  • イタリアの主要鉄道、トレニタリアは、イタリアからフランス、スイス、オーストリア及びスロベニアを繋ぐ路線を運営している。
  • ナポリ通過線は、ヴィッラ・リテルノのローマ方面路線からとナポリ・ジャントゥルコ駅のサレルノ方面とを複線で繋ぐ路線である。
  • レオポルダ線は、19世紀の1840年代に作られた、フィレンツェやピサ、リヴォルノといったトスカーナ州の町を繋ぐ路線である。
  • ピサ、リヴォルノ、ローマを繋ぐ路線とラ・スペーツィア、ジェノヴァ、パルマ、ミラノ方面を繋ぐ路線という重要な幹線に位置し、さらにその二つの路線からルッカ、フィレンツェ、ガルファニャーナ方面への乗客にとっても利用されるためである。