繋ぐセットアッパー

14 の用例 (0.00 秒)
  • 移籍後は主にアロルディス・チャップマンに繋ぐセットアッパーを務めた。
  • 移籍後はデーブ・ベレスへ繋ぐセットアッパーとして起用された。
  • はクローザーのホセ・バルベルデに繋ぐセットアッパーとして起用された。
  • 特にリーグを代表する守護神、馬原へ繋ぐセットアッパーの確立が求められた。
  • 後半戦はグラント・バルフォアに繋ぐセットアッパーに定着した。
  • ブルージェイズではセルジオ・サントスに繋ぐセットアッパーを務める予定だった。
  • も勝利の方程式として期待された久保田と新加入の小林宏之が不調であったために、藤川に繋ぐセットアッパーの一人として活躍した。
  • は抑えのフランシスコ・ロドリゲスに繋ぐセットアッパーとしてメッツでのキャリアをスタートさせた。
  • はライアン・マドソンに繋ぐセットアッパーとしての役割を期待されたが、マドソンの怪我によりクローザーに指名される。
  • はネフタリ・フェリスへ繋ぐセットアッパーを務めることになっていたが、トミー・ハンターが怪我で出遅れることになり、先発に転向することが決まった。
  • さらに新外国人のファルケンボーグが負け試合や大差がついたゲームに登板、開幕から交流戦まで自責点0という完璧なピッチングを見せ、馬原孝浩に繋ぐセットアッパー2枚看板が誕生した。
  • 同年は、アントニオ・アルフォンセカとフアン・クルーズと共に、当時クローザーを務めていたジョン・スモルツへ繋ぐセットアッパーとして、安定した活躍ぶりを見せた。
  • は開幕当初こそ、ジム・メシーアらと共にクローザーのギレルモ・モタに繋ぐセットアッパーの1人として見なされていた。
  • 開幕から主にクローザーのトロイ・パーシバルへ繋ぐセットアッパーとしてプレーしていたが、パ-シバルが故障で離脱の際には、失敗なしの6連続セーブをマークするなど抜群の安定感を見せた。