繋ぎ

全て 動詞 名詞
1,674 の用例 (0.01 秒)
  • しかしどうすれば彼女の心をしっかりとつなぎとめておくことが出来るのか。 福永武彦『海市』より引用
  • 涙は男を引き寄せる力がありますけど、繋ぎ止めて置く力はありません。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 北側には東側河岸用と橋桁との繋ぎ目部分の路面用の石が残されている。
  • 湾岸を国道162号が数本のトンネルで繋ぎ三方五湖や常神半島に出る。
  • 二人の深い喜びの波動が、彼の目をつなぎ止めずにはおかなかったのだ。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • 外線からお電話が入っておりますが、お繋ぎしてもよろしいでしょうか? 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 04 暇つぶし編』より引用
  • ついに、バルーンはただ一本の綱索ロープで地に繋ぎとめられるのみとなった。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • ビデオはストーリーの各シーンを乱雑に繋ぎ合わせて構成されている。
  • 画角の狭い複数の写真を繋ぎ合わせて広い画角の写真を作るもの。
  • 連携の名称はそれぞれの技・術などの名前の一部を繋ぎ合わせたものになる。
  • 基本的には他のリーチの発展への繋ぎであり、ここで当たることまず無い。
  • 巨大な氷の粒を鞭のように繋ぎ合わせて、それを口にくわえて攻撃する。
  • 僕はこれによって二年の間あの世界に繋ぎとめられていたのだ。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • 梅の花が咲き初めたということがまだかれの思考を繋ぎとめているらしい。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 岸へつくと私たちは、ボートを繋ぎとめるのも忘れておかへとび上がった。 横溝正史『真珠郎』より引用
  • その状況の中で幼い子供と手をつなぎ続けるのは、かなり困難なことだったろう。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • サロ45形とサハ48形を真半分にして繋ぎ合わせたような形態である。
  • けれど不鮮明な記憶を繋ぎあわせれば、何をやっていたかは明白になる。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • かろうじて命をつなぎ止めた彼は、席を立ってフリードリンクコーナーへ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • 街道の真ん中に一頭の牝馬ひんばつなぎ、これをおとりにして魔獣を誘いだすのだ。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • 次へ »