繁栄を極め

90 の用例 (0.00 秒)
  • 淀屋とは、江戸時代の大坂で繁栄を極めた豪商である。
  • 芳町を含む現在の日本橋人形町周辺はかつて「元吉原」と呼ばれる遊里が設置され繁栄を極めていた。
  • 明治末期には宇高連絡船が開業し、昭和初期から戦前にかけては高松駅から四国各地への鉄道網が次々と完成したこともあって、高松は四国の玄関口として繁栄を極めていく。
  • ところが、文学の仕事というものは明治二十年代の日本で、硯友社が繁栄を極めていた程度の遊戯性で一般からみられていて、作家が歴史に負うている責任をその文学的業績のうちに見るというような水準まで来ていなかったから、二葉亭の作品は一部に高く評価されつつ、一般受けはしなかった。 宮本百合子『生活者としての成長』より引用
  • このため、マラッカ王国は鄭和艦隊の保護下で成長し、中国艦隊の来航が途絶えた後も東西貿易の中継港として繁栄を極めた。
  • 藤戸・天城両村は、明治までは周辺の商業文化の中心として繁栄を極めたが、近代交通の発展に伴い商業文化は次第に衰え、倉敷市との合併に至った。
  • この事故は、今でも別府近辺の住民にはよく知られており、仏崎というとこの事故を連想する人が多く、観光地として繁栄を極めたイメージはあまりない。
  • これらの植民都市と交易路は、アッシリアによる地中海沿岸地域への侵攻まで繁栄を極めた。
  • 繁栄を極めた浜脇温泉から徒歩5分ほどなので観光客も多く訪れ、昭和50年頃までは大変賑わった場所である。
  • 彼らはお互いを許すことにし、以後繁栄を極めた。
  • 七名家の筆頭の末吉氏は江戸時代初期には繁栄を極め、後に東西両家に分れたが、子孫は今も平野の地に現存している。
  • ハン国の経済的成長にともなってその中心地方であるフェルガナはそれまで長らく続いた辺境の地位を脱し、軍事・宗教・商業施設や水路などの社会資本の整備が進み繁栄を極めた。
  • マヤ文明の政治、経済中心都市として紀元4世紀から9世紀ごろにかけて繁栄を極めた。
  • これは世界的に広範に見られる現象であり、白亜紀後期の後半においては、各大陸で繁栄を極めていたアロサウルス類の化石は途絶えてしまう。
  • 吉原よしわらは大江戸の昔よりも更に一層の繁栄を極め、金瓶大黒きんべいだいこくの三名妓の噂が一世いっせの語り草となった位である。 永井荷風『銀座』より引用
  • 室町幕府においても一色氏は四職家の一つとして重んじられ、さらに将軍がいる山城守護に任じられるなど繁栄を極めた。
  • このため、陸上輸送された時代に比べて物資の輸送量は飛躍的に増大し、海のシルクロードを通してさまざまな国際商品が大都にもたらされ、国際商業都市として空前の繁栄を極めた。
  • 現在は旅館が2軒のみであるが、昭和の中頃までは繁栄を極め、臼杵名所の一つとして有名であった。
  • マラッカ王国は1414年頃イスラム化し、香辛料の東西貿易における重要な中継港として繁栄を極めた。
  • 属州ルシタニアの中心として繁栄を極めたが、5世紀の西ゴート族の進入によって破壊され、この地域の政治の中心はアエミニウムに移った。
  • 次へ »