縮退が解ける

19 の用例 (0.00 秒)
  • これは、配位子場により軌道の縮退が解けているためである。
  • そこから配位子場によって縮退が解けて、各スペクトル項に分裂する様子が示されている。
  • この縮退が解ける原因を配位子の持つ負電荷が作る静電場に求めるのが結晶場理論である。
  • 更に系に圧力などを加えると、構造相転移が起こり系の対称性が変わるので、電子状態における特定のバンドの縮退が解けることがある。
  • しかしスピンの効果や相対論的効果を考慮したより正確な物理模型では、エネルギー準位の縮退が解け、スペクトル線が分裂する。
  • 例えば金属錯体においては結晶場によって d 軌道の縮退が解けることで間での電子遷移による吸収スペクトルが観測できる。
  • しかし磁場の存在する場合には、磁気量子数と磁場の積に比例して各軌道のエネルギーが変化して縮退が解ける。
  • 自由イオンにおいて軌道のエネルギーが縮退していたとしても、結晶場がはたらくことで縮退が解けて分裂する。
  • このようにして、 d 軌道の縮退が解ける。
  • 結晶場理論においては d 軌道の縮退が解ける原因を配位子の持つ負電荷が作る静電場に求めており、その結果、同じ価数の陰イオンであれば、同じ分裂の大きさになるという結論になる。
  • この効果は、電子的に縮退した基底状態をもつあらゆる非線形分子は変形によって錯体のエネルギーが下がるため、縮退が解けるような幾何学的変形を受けるであろうと述べている。
  • 太陽質量の2倍程度までの恒星の場合、ヘリウムの融合開始時にはフェルミ縮退で核が拡大しないために、一気に核融合反応が進み、ある程度の熱を生産するとそこでフェルミ縮退が解け、安定した燃焼を始める。
  • この暴走は、フェルミ縮退が解ける温度に上昇するまで続く。
  • また、太陽の7 - 8倍程度の恒星では、炭素燃焼過程が開始するときにこの現象が起き、フェルミ縮退が解ける温度まで上昇する前に星全体が吹き飛ばされてしまう。
  • ただし、一般には、外場の存在などにより縮退が解けるので、水素原子の固有値は主量子数 n と方位量子数 l の関数になる。
  • 量子ポイントコンタクトに外部磁場をかけると、スピン縮退が解けてコンダクタンスに半整数のステップが出現するようになる。
  • 例えば外場としては磁場、電場などがあり、磁場により縮退が解けるゼーマン効果や、電場によるシュタルク効果などがある。
  • d軌道はすべてgeradeであるので: よって5つのd軌道は球対称場の中では縮退しているが、点群O h の場の中では縮退が解けて、二重縮退の状態E g と三重縮退の状態T 2g に分裂する。
  • 通常、d軌道は5重に縮退しているが、遷移金属錯体で見られるように、O 2- やOH - などの配位子が遷移金属イオンの周りに配位すると、配位子による静電場の影響でd軌道の縮退が解け、配位の様式に応じて軌道準位が分裂する。