縦横無尽に蹴

5 の用例 (0.00 秒)
  • 学校から帰るとラグビーのボールを持って野原へとびだし、縦横無尽に蹴とばす。 坂口安吾『二十一』より引用
  • 学校から帰るとラグビーのボールを持つて野原へとびだし、縦横無尽に蹴とばす。 坂口安吾『二十一』より引用
  • 鳥の集散するごとく、雲の変化するごとく、変幻自在を陣法を身につけた七百の真田兵は、殿軍を縦横無尽に蹴散らしておいて、さっと、左右の林間にかくれた。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫2) 真田幸村』より引用
  • せまい原ッパだから、ボールが畑へとびこむと、忽ち畑の中を縦横無尽に蹴とばし、走り、ひつくりかへつてゐるのである。 坂口安吾『二十一』より引用
  • せまい原ッパだから、ボールが畑へとびこむと、忽ち畑の中を縦横無尽に蹴とばし、走り、ひっくりかえっているのである。 坂口安吾『二十一』より引用