縊死

全て 名詞
426 の例文 (0.00 秒)
  • しかし月曜日の朝、彼が納屋で縊死したので、その必要はなくなった。 ...
  • これは、覚悟の縊死の場合には絶対にあり得ないことだ。 ...
  • そして長兵衛はその近くの松の枝からぶら下って縊死いししていた。 ...
  • 縊死してゐる父を最初に発見したのは軍治なのである。 ...
  • あの厭な感じが、きっと縊死には伴うだろうと僕は思うのだ。 ...
  • 蜜三郎のたった一人の親しかった友人は異常な姿で縊死した。 ...
  • これを除かなければ、必ずまた同じ場所で縊死者が出るだろう。 ...
  • その死は、事件として扱うと、縊死と絞死こうしとの二つに分けられる。 ...
  • 縊死いしはもちろんこの目的に最も合する手段である。 ...
  • 公子招が兵を出して哀公を包囲したため、4月に哀公は自ら縊死した。
  • 近くへいってみると、横にしだれた樹の枝に帯をかけて、縊死いししようとしているらしい者がいた。 ...
  • 縊死、猟銃自殺、そしてもう一人も、あの様子では服毒死なのだろう。 ...
  • 駅まで送っていったフィンレイはエリックに大事なことを伝えるためといって縊死する。 ...
  • 後に弟も姪ともうひとりの少女への強姦罪によって逮捕されたが同じく獄中で縊死している。 ...
  • 縊死いしは勿論この目的に最も合する手段である。 ...
  • 爾朱兆は窮山に隠れ、乗っていた馬を殺すと、木で自ら縊死した。 ...
  • 莫勤の弟の莫徳は兄が殺されたことを聞いて自分も殺されるものと恐れ、自ら縊死した。 ...
  • 次へ