縊死者

10 の例文 (0.00 秒)
  • これを除かなければ、必ずまた同じ場所で縊死者が出るだろう。 ...
  • 包みの中からは褐色に顔色を変え、れあがった舌を長々とたらした縊死いし者特有の表情が現われた。 ...
  • それから三月ほどの後に、八王子の山のなかで彼に似たような縊死者を発見したが、死体はもう腐爛しているので、その人相もはっきりとは判らなかった。 ...
  • 自分はこれまで縊死者いししゃの検視にもしばしば立ち会っているが、わが手でくびれて死んだ者があんなに苦悶の表情を留めている例がない。 ...
  • たとえ彼女が人骨に生じた松蘿さるおがせを所望したとて、わしは世界中のあらゆる縊死者くびくくりの頭蓋に、あらゆる苔むす骨に、それを探しに行ったことであろう。 ...
  • 今度の縊死者は、香料ブローカーと違って、極く快活な人物で、その陰気な部屋を選んだのも、ただ室料が低廉だからという単純な理由からでした。 ...
  • 朝になって、その辺一帯を受け持っている道路掃除の人夫が、遙か頭の上の、断崖のてっぺんにブランブラン揺れている縊死者を発見して、大騒ぎになりました。 ...
  • 現に、ステイフェンの『証拠蒐集綱領ゼ・ダイジェスト・オヴ・クリミナル・エヴィデンス』を見ても、たいていの場合頸筋くびすじの結節は、紐が長くて、縊死者が廻転した場合に起るものなんだ。
  • 縊死者の頸部に残る、頸部を絞搾した縄索の痕を「縊溝」または、索状の痕なので、索状痕、または、索痕という。 ...