縊死体

18 の例文 (0.00 秒)
  • 仁平がそこで初めて目のあたりにした縊死いし体は、最後の三人目であった。 ...
  • 私はもう何度も縊死体といふものを見たことがあるが、実際見られたものぢやない。 ...
  • 森のなかの例の橅の木に彼が縊死体いしたいとなって発見せられたのはそれから間もなくの事だった。 ...
  • その日の昼自宅にて縊死体で発見される。 ...
  • 彼女の縊死体が発見されたとき、そこに大小ふたつの木箱がころがっていたという。 ...
  • ただひとつここに付け加えておくが、法然ほうねんさんはあれから十日ほどのち、たそがれ峠の山深く、縊死体いしたいとなって発見されたそうである。 ...
  • 縊死体いしたいというのはたいてい一尺くらいも頸が長くなっているものだともう幾度も聞かされたことがあったので、嘘かほんとか解らなかったが、もう一つ上の枝に帯を掛ければ申し分はあるまいと考えた。 ...
  • なんでもその詩人先生、昭和二十二年か三年にあの家でご婦人の縊死体いしたいが発見されたとき、大いにヤジウマ根性を発揮して、わざわざ見物に出かけたそうだ。 ...
  • 縊死体いしたいは湯平でみた時より硬直をまして固くなっている。 ...
  • 片足だけ下駄を履いて、縊死いし体は発見されている。 ...
  • 闘いの跡を点検するために知事水越幸一もまた隊の先頭にたって全山を探索したが、深林のなかの蕃婦や子供らの縊死体を眺めた時、思わず悲哀な感動に打たれた。 ...
  • そのかたわらに、セイさんの縊死いし体があった。 ...
  • ミニコミ誌サークル「オンザロック」のメンバーの共同下宿・泥濘荘でメンバーの一人が縊死体で発見される。 ...
  • 大酒のために心身を害して昭和9年4月に失踪し、名古屋市中門前町本願寺別院境内で縊死体で発見された。 ...
  • 中には自殺したかんつめの霊といつも通りに唄掛けをして「あかす夜やくれて汝きゃ夜や明けり、果報せつぬありば また見きょろ」と歌われてぞっとした岩加那が上を見るとかんつめの縊死体があったという怪奇的なバリエーションもある。 ...
  • 加えて、高山は日本国外での縊死体の研究例を引き、溝の位置に索溝が生じる割合はマシユカの研究では160例中1例、ベルリン法医学教室の研究では169例中9例と極めて稀であり、甲状腺腫などを患っていない限り索溝が溝の位置を外れることもまずない、と述べた。 ...
  • 事件発生の3年後となる1905年5月24日、麹町区四丁目八番地に所在する薬店の店主である都築富五郎が何者かに電話で誘い出されたまま帰らず、東京府豊多摩郡代々幡村代々木の山林において、縊死体となっているのが発見された。 ...