縊死しよ

18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はひとり寝ているのを幸い、窓格子まどごうしに帯をかけて縊死いししようとした。 ...
  • 彼はひとり寝てゐるのを幸ひ、窓格子に帯をかけて縊死いししようとした。 ...
  • ジェイコブの六歳上の兄が縊死いししたのは、その事を、耳にしたからだった。 ...
  • ナチの町の指導者は逮捕された後、ヴィプリンゲンの刑務所で縊死した。 ...
  • 神中はその死体を座敷へ運んでとこをとって寝かし、己もそのへやで縊死した。 ...
  • が、僕は僕自身の縊死してゐる姿を想像し、贅沢ぜいたくにも美的嫌悪を感じた。 ...
  • 家へ帰って見ると妹は機屋はたやの天井にしごきをかけて縊死いししていた。 ...
  • それから、彼女は縊死いししたという知らせより先のことを、考えることができなかった。 ...
  • しかし月曜日の朝、彼が納屋で縊死したので、その必要はなくなった。 ...
  • そして長兵衛はその近くの松の枝からぶら下って縊死いししていた。 ...
  • 縊死してゐる父を最初に発見したのは軍治なのである。 ...
  • 長兄は自分の息子が縊死いししたので、弟のことには、なんの関心も持たないふりをしていた。 ...
  • 蜜三郎のたった一人の親しかった友人は異常な姿で縊死した。 ...
  • 公子招が兵を出して哀公を包囲したため、4月に哀公は自ら縊死した。
  • 近くへいってみると、横にしだれた樹の枝に帯をかけて、縊死いししようとしているらしい者がいた。 ...
  • 後に弟も姪ともうひとりの少女への強姦罪によって逮捕されたが同じく獄中で縊死している。 ...
  • 爾朱兆は窮山に隠れ、乗っていた馬を殺すと、木で自ら縊死した。 ...