練り

全て 動詞 名詞
1,653 の用例 (0.02 秒)
  • 彼らは練り粉のパンを食べたが、それは熱すぎて口をこがすほどだった。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • いかにも相手を靴のなかまで戦慄させようと、練りに練った文章だった。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • それまでに計画を練りあげて、地図でその場所を調べて見ましょう。 クリスティ/小西宏訳『パーカー・パイン1』より引用
  • 彼は全力をあげて考えを練り、なにひとつ手落ちのないように工夫した。 ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(上)』より引用
  • おそらく長いあいだかかって、練りに練った計画だろうと思いますね。 横溝正史『貸しボート十三号』より引用
  • 長い髪を指で手練たぐり、表情を隠したいみたいに髪の中に顔を埋める。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第01巻』より引用
  • 翼によって細かな修正は加えられていたが、ほぼ芝居は練りあげられている。 石田衣良『下北サンデーズ』より引用
  • それどころか、慎重に案を練り、正確に時期をはかって行われたものだ。 クリスティ/西川清子訳『ナイルに死す』より引用
  • 私は、ヘーゲルが逃避するために体系を練りあげたのだとさえ思っている。 酒井健『バタイユ入門』より引用
  • そのうちに己を社長にしたいという願望を抱き、策略を練り実行してゆく。
  • またホークは上陸策を練り、半島を包囲して敵艦を攻撃しようとした。
  • 雨が小降りになったとき、少しだけでも練り出そうと若い衆が集まった。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • 家の女あるじが毎日二回ずつ胃のためにのんでいた練り薬をもってこさせた。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • 何か事のある毎に、東京の街路には花電車というものが練り出される。 永井荷風『濹東綺譚』より引用
  • 帰宅するなりオレは、これまでのデータを元にプロットを練りはじめた。 野村美月『文学少女シリーズ16 半熟作家と“文学少女”な編集者』より引用
  • 朝は日の出ぬ前に起きて、朝飯までには静座をして心を練りました。 倉田百三『出家とその弟子』より引用
  • 何年か経ち、彼女たちは田舎の隠れ家に住むという構想を練りだした。
  • 彼方に去った人類を悼みながらも、彼らは攻撃の計画を練りつづけた。 コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』より引用
  • 寄せ集めの軍勢に見えたタウ勢は練りに練った精鋭軍のような強さだった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • そこで二人はその計画を練り、ぼくらにとってはまったく不幸な計画を実行に移した。 プレヴォ/鈴木豊訳『マノン・レスコオ』より引用
  • 次へ »